読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふんどしとTバッグ、被るなら

わたしは断然ふんどしですね。もちろん使用済みである場合の話です。
Tバッグは被るものにあらず。どちらかというと履くものです。またどちらかといえば飾るものです。
かといってなぜ、おそらく女性の9.9割は履いてない、シルエットにも女性らしさは全く感じられないふんどしかというとそれは「布面積」です。Tバッグはご存知の通りよく見るパンティーの布面積を極限まで減らしたようなシロモノ。ちょっと地味めなおねーちゃんがTバッグを履いていたとすれば興奮しますがそれはそれ。被るときにはやはり、被ったときに感じる女性特有の“芳香”と“ぬくもり”を重視するはず。ほのかにかほる汗と制汗剤入り混じる性と蜜の空間にわたしは頭部を突っ込みたいのです。そう考えれば、布面積の大きいふんどしのほうが被って楽しむには適していると言えるでしょう。


この2択じゃなければ・・・(野暮)